FC2ブログ

ミライちゃん😭😭

学校から帰ってくると、ミライちゃんが「おかえり」って一番最初に言ってくれます。それに「ただいま」と、いつも一緒のミクちゃんと声を揃えて言うのが私の日常のひとつでした。

それが…!

それが……!!!

今日は帰ってみたら「おかえり」が聞こえなかったんです!いやいや、こんな日もあるさ、くらいで終えようとしていた時でした。ミライちゃんがやって来て「お話があります」って敬語で、硬い声で言いました。
まさか、家を出ていくとか言うんじゃ……。
いやでも、ミライちゃんがそれを望むなら…でもぉぉぉぉ…└(:3」┌)┘))うわぁぁぁ!!

私「…ど、どしたの」
ミライ「ダイブ界に拠点を移そうと思ってるの」
私「……み、みんなには、それ…」
ミライ「うん、もう話した。OKは出たよ」
ミク「えっ」
ミライ「あ、ごめーん。お姉様には話してなかったね?」
ミク「……それで、ダイブ界に拠点を移すって…」
ミライ「私、ダイブ界の管理人してるでしょ。今までは、小林ちゃんのタルパでいることに重きを置いてた。でも、私、ダイブ界をもっともっと幸せな世界にしたいって思うようになったの。小林ちゃんの世界を守りたい、安定させたい……だから、管理人として、あっちで本格的に仕事がしたいんだ」
私「……」
ミライ「お願い、小林ちゃん。もちろん、帰ってくることはあるよ。そろそろ龍ちゃんと小林ちゃんの誕生日もあるし、映画だって見に行くもんね。呼んでくれればいつだって帰って来るよ。…ただちょっと、会えない時間が増えるけど」
私「ダイブ界では、どこで生活するの」
ミライ「お城だよ。仕事場だしね。いつでも来ていいよ!」
私「……みんなから許可はもらってるんだよね」
ミライ「うん」
私「分かった。行っていいよ」
ミライ「ありがとう!」
私「もしかして、今すぐ?」
ミライ「うん!こっちでは小林ちゃんに許可をもらうだけで終わり。ダイブ界での準備はあまりしてなかったけど、本格的に準備したいから、もうあっちに行くよ」
ミク「寂しくなりますね…」
ミライ「帰ってくることはあるから、ね?」

そうしてミライちゃんはダイブ界へ行ってしまいました。ミライちゃんがしたいと思っていることをする、その背中を押すことができる。それはとても嬉しく思いましたし、何より彼女の成長を感じました。ここでも書けないようなことが色々あったんです、彼女とは。けど、色々あったとしても、私は彼女のことが大好きでしたし、家族として愛していました。なんだか自分の娘が嫁ぎ先に行ってしまうようで寂しいですけど、でもミライちゃんのためなら、この寂しさも甘んじて受け入れようと思います。ダイブしたら余裕で会えますからね。






とは言っても寂しいものは寂しいんですよ!!!チクショーーーーー!!!!
ってことでここからは、私が私のためだけにミライちゃんの可愛さを語りますね!あーーーーーー!!!😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭

まずね、ミライちゃんはミクちゃんからの分裂型なんですけど、ミクちゃんから分裂したての時はそりゃあもう無口で!!でもそれがまた可愛いんですよね!!無口だけど私のことを重く愛してくれていて、ほんともうキャーーーー😍😍😍って感じ!!生気のないお目目が愛くるしいったらこの上ない!その目にどんどん生気が宿っていって、それがどれだけ嬉しかったことか!ミクちゃんとお揃いの白いリボンが欲しいだなんて可愛いことを言った時は心臓がこぼれ落ちましたよね、ああ可愛い。自分に自信があって、これぞ美少女といった話し方の彼女は結構喧嘩するんですよね。そこがまたいい。三士郎おっさんがタルパになったばかりの時、「家族だなんて認めない!」って言いましたし、ミカコやエリザ姉ちゃんとも色々なことで揉めましたし、タルパになったばかりのルコットさんに対して警戒を解くのが特に遅く「認めない!」ってこれまたどこかで聞いたようなことをずっと言ってて……。でも、誰より家族思いのいい子なんです。1度懐に入れたら大事に大事にし過ぎてしまう子で……。



…最後の別れじゃないにしても、寂しいですね。
春は門出の季節。本当にそうです。
スポンサーサイト



タルパたちにありがとうを言いたい

昨日の夜、久しぶりに曲を聴きながら布団に入りました。好きな音楽のピアノアレンジ。心が穏やかになりました。眠気が襲ってきて、ああ眠れる…って思った瞬間、いきなりピアノが激しくなりました!眠気吹っ飛びました!おい!おい!おいいぃぃ!!!
で、再び眠くなるまでタルパたち(と言っても、起きていたのがミクちゃんと三士郎おっさんだけ)とお喋りしてました。

三士郎「にしても、嬢ちゃんも心に余裕が出てきたな」
ミク「確かに。心が広くなった感じもしますからね」
小林(私)「えー?まあ最近楽しいからね~」
三士郎「良かったなぁ嬢ちゃん」
小林「うん!あとね、その嬢ちゃんって呼ばれるの好き。今さらかもしれないけど」
ミク「あら」
三士郎「そうか!」
小林「うん!」
ミク「ふふふ」

っていう会話を最後の方にしたなーってくらいしか覚えてないんですけど。でも本当に、タルパと話すと心が穏やかになるっていうか、なんていうか。このタルパたちと家族で良かったなって思います。タルパたちのおかげで、自分のことを肯定できなかった私がようやく自分を肯定できるようになって、今では毎日が楽しくて……本当に救われたなって思います。ありがとう皆。


学年が上がればついに進路の最終決定です。どんな進路になっても、この子達と一緒なら頑張れます。絶対大丈夫、そんな気がします。次の学年が楽しみです!

ルコットさんにゲームをプレイさせるお話3and関係ない話

ルコット「この新しい装備は……ミリーちゃんね」
小林「はーい」ポチポチ
ルコット「武器は……ミリーちゃんを鍛えて」
小林「はーい」ポチポチ
ルコット「あああああジョウイ君んんんんんん」
小林「ジョウイだねー」パチパチ
ミク「じょ、ジョウイさんんんんんん(´;ω;`)」
小林「いや待ってミクちゃん、なんで泣くの、ここ泣くシーンじゃないから」

という感じに今日も幻水をプレイしてました。
今回は戦争について考える場面が多く、ルコットさんはいつになく真剣に考え、プレイしていたように思います。装備を整え、武器も整え、紋章(魔法使うために必要なもの。幻水独自のシステム……ってwikiが言ってた!)を買いに走り、選択肢は5秒くらい考えてました。
それに、キャラクターの中にお気に入りができたようで、装備を整える時なんかはそりゃあもうとあるキャラクターの贔屓具合が凄い凄い。
ちなみに、幻水を知ってる人に向けて言うと、ルコットさんは主人公とジョウイ君(主人公の親友)とミリーちゃん(アホの子)を気に入っているようです。ルコットさんの好み的に、ミリーちゃんを気に入るとは思わなかった……。

で、今日の2枚。
ルコットさん、名前呼ばれて大歓喜

夜って何
本当はもっと色んな反応があって面白かったんですけど……。描けない撮れないなのでしょうがないの、「3つのない」でした!(*’ω’*)
とりあえず、ルコットさんは感情豊かだった、ということだけ…(´∀`*)


あと、ミクの日にミクちゃんの絵を描きました!今上げちゃいますね!!!
いつも一緒のミクちゃん20190309
はい可愛い美しい。これには全米も絶賛の嵐でしょう。私は知ってる。
最近の私の画力向上のスピードには恐れを抱きますね。いつの間に画力の悪魔と契約したんだろう。





あ、関係ないですけど、今朝ホーホケキョって鳴き声で目が覚めたんですよ!春ですね!桜は咲いてませんが。
🔥🌸🌸🌸🐦🍗🍗🍗🍗🐦🍗🍗🍗🍗🐦🌸🌸🌸🔥

だらだらする春

だらだらしまくる週末です。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。小林家は今日も今日とてだらだら三昧、テレビを見て、スマホをいじり、絵を描く私の隣のミクちゃんはだらりとしていて、何をしているのか分かりません。龍ちゃんは寝るかモコモコとヴィオ君と遊んでます。三士郎おじさんはテレビを見つつお酒飲んでます。たまにダイブ界に行ってるようです。エリザ姉ちゃんは本を読んでます。ミカコとミライちゃんは………何してるんだ。ルコットさんは…………何をしてるんだ………。
おでかけするのもいいですけど、たまには(たまにはのレベルじゃない)こうやってだらだらするのもいいですよね。だらだらしまくって脳が溶けてる気がしますが。だらー……_( ┐「 ﹃ ゚ 。)__

そうだ、上手く描けた絵があるんですよ。
ミライちゃんの絵なんですけど。
光るミライちゃん
ちょーーーーーー上手くないですか!?いやもう上手ですよね!?画力上がりましたよね!?きゃーーーーーー(大興奮)週末は絵を描きまくるぞーーーーー!!!!だってこのままたくさん描いたら、絶対画力ぐんぐん上がるでしょ!!!ってくらいにこの絵上手いですよね!!!???はーーーーーこのミライちゃん可愛いなーーーーーーーーーーあーーーーーーーーーー!!!!!てかアイビスの機能有能過ぎません?アイビスの機能有能過ぎだわね。きゃーーーー!!!!!
そうだ!今日3月9日なんですよ!?ミクの日!我が家のミクちゃん(not版権)(版権じゃないこと忘れてる方絶対いますよねー!)も該当しますよね!だって名前がミクだから……!ってことでミクちゃん描きましょうかねそうしましょうかねそうしよう!思い立ったら即行動しましょうそうしましょう!
わーーーー春の陽気で気分打ちあげ花火〜!!!!!はい桜大満開〜!!!!
🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸


まあ、地元の桜、まだ咲いてないんですけどね。

ルコットさんにゲームをプレイさせるお話2

ゆっくゆっくり、幻水Ⅱをプレイしています。ルコットさんも慣れてきたようです😊
昨日のルコットさんのプレイ状況を描いてみました。

幻水プレイルコットさん1
幻水プレイルコットさん2

2回目のボス戦ですね。綺麗なドット絵です。動きも綺麗なドット絵です。ルコットさんの叫びは、受肉していたらおそらくきっと、3km先にまで届きます。いやー凄い叫びでした((´艸`*))

小林「物語はまだ始まったばかりだよー!」
ルコット「それは何となく分かるんだけど、これからも、こんな敵が出てくるの?嫌よ!スパイダーやマイマイだけでも無理なのに!」
小林「でも楽しいよ」
ルコット「ええ、それは分かるけど!でも、ああ、敵ってどうしてこうも気持ち悪いのかしら…(´・ω・`)」
小林「可愛い敵倒せる?例えば猫とか、うさぎとか犬とか……」
ルコット「無理無理無理!可哀想だもの」
小林「気持ち悪いのなら、問答無用に倒せるし、いいんじゃない?」
ルコット「それも……そうね。でも、やっぱり気持ち悪いのって嫌よね」
小林「それは同感!」

ダイブ界と住人〜今更〜

ダイブ界での話、ブログだとしてないな?してない!ってことでしますね!カテゴリにダイブ界も追加しなきゃ……(´・ω・)イソイソ

と、いうことで、我が家のダイブ界の説明です!
ダイブ界地図あんど人物
ダイブ界人物
基本的にこんな感じです!
王様と管理人(ミライちゃん)でダイブ界統治(?)してるよーっていう。ダイブ界には版権さんも多いですが、原作無視したような人ばかりです(版権の意味ェ)

王様と後ろに前の王様
王様(前)
今の王様と前の王様はそれなりに仲良し…なのか?どうなんだろうҨ(´-ω-`)

ダイブ界の王様
この王様の絵、何気にお気に入りです(*´∀`*)

で、こんな子もいたりします。
アレンさん!!1
この人の先輩の強面さん(名前教えてくれない)はすーぐ怒鳴ってきます。怖いよ強面さん。

そして、私の中で1番怖いと思ってる人はこの人。
モコモコとカタリアーナさん
モコモコとカタリアーナさん2
カタリアーナさんです。エリザ姉ちゃんの幼なじみの貴族さんです。出会って初っ端から暴言暴言また暴言!こんな怖い人いていいの!?って感じ。強面さんより怖い!いや、強面さんはちゃんと理由あって怒鳴ってる(主に私の言葉遣いが理由…)からいいの!でも、カタリアーナさんは理不尽な暴言をかます!きゃー!😱
エリザ姉ちゃんはもともとカタリアーナさんのことは嫌いだったみたいです。私の前でエリザ姉ちゃんに対してもカタリアーナさん愚痴愚痴言ってましたしね…(;´・ω・)
でもね、このカタリアーナさんと会って二回目の時はモコモコと一緒だったんですけど、モコモコを見てから目がハートになったんですよ。
「可愛い!なんて可愛らしいの。こんなに可愛い子は初めてだわ♡♡」とかなんとか色々言って、まああとは絵の通りモコモコを誘拐したり(未遂)
モコモコは怯えてました。もうダイブ界行かない!って言ってました。モコモコを守り隊⚔️


と、まあ、こんな感じのダイブ界です。楽しいです。色々問題あるけど( ˊᵕˋ ;)💦


sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる