FC2ブログ

私は青春していたはずだった!!ダダンッ

わーん(泣き声)、今日は自由登校前の最後の登校日でしたー!嫌いな人や苦手な人はいたけど、リア友やタルパたちのおかげで楽しく頑張れた学校も、もうほとんど行かなくなるんだー!うわーん😭😭でも最後の登校日だからね!めちゃくちゃ楽しく過ごしてやるんだ!で、ちゃんとリア友たちと楽しく過ごし、放課後もエンジョイして、夕方、「学校楽しかったですか?」「そりゃあもちろん!帰ったら卒業ソングでも聴こうか!」「その前にお風呂です」「えー」なんて会話をしながら家に帰り………。

私「ただいまー!」
ミク、山田、松田「ただいま帰りましたー」
エリザ「おかえり。楽しかったかい?」
私(もっちろん!)

さて着替えるかねー、とのそのそ自室へ向かおうとすると、バンッという音が聞こえました。リビングの方からでした。見ると、父が乱暴にドアを閉め、そして2階にある自室へこれまた乱暴な足取り(めちゃくちゃドッタドッタいってた)で向かって行くところでした。壁揺れなかった?どうしたの?

いやーーーな予感がしました。リビングの方から龍ちゃんが走ってきました。

私(龍ちゃん…?)
龍一「あのね、凄く怖くて……」
私(……何かあったの?あったんだね?)
エリザ「………君のお父さん、最近不安定だっただろ」
ミク「……限界が?」
私(…何それ、最悪なんだけど……)

色々あって、今、父はとても不安定な状態でした。それを含めた色々なことから、また母も不安定…とまではいかなくとも、無理をしていたのだと思います。急いでカバンを置いて私服(という名のパジャマ)に着替えてリビングに入り、ゲームをしていた妹に尋ねました。妹によると、妹も先ほどお風呂から上がってきたばかりで分からないとのこと。しかし、お風呂に入っている間、何やら怒鳴り合う声が聞こえていたとか…。急いで上がってみれば、そこには両親がいて、そしてすぐに父はリビングから出ていってしまったと……。

私(……ほんと最悪)

今日もいい日になるはずだったのに。いや、とりあえず、怯えている龍ちゃんを落ち着かせないと。そうだ、何か温かい飲み物でも作ろう。
そんなことを考えていたら、母もリビングから出ていきました。階段をのぼる音が聞こえました。

嫌な予感ってよく当たりますよね。
少し経ってから母が戻ってきて、それからまた少し経って父が戻ってきたら、「色々なこと」に関しての怒鳴り合いが始まりました。こんなところにいたらダメだ、そうだ、家を出よう。はやく龍ちゃんをここから離れさせなきゃ。すでに暗くなっているけど、きっと大丈夫だ。長めのコートがあるから、それを羽織ればパジャマでも多少はマシなはず。(あとから気づきましたが、ダイブ界に逃げさせる手もありましたね。焦ってたんだなぁ)
そうして私は、リビングの向かいの部屋へ向かいました(そこにコートがあるから)。長時間コンタクトをつけていたので、ぱぱっとコンタクトを外し、メガネをつけて………と準備をしていた時、妹がリビングから出てくるのが見えました。家出するのかな、でもお風呂上がりでコートも何も着ずにってのは風邪引くんじゃないかなと思っていたら、どうやら違っていたらしい。ちょうど帰ってきた祖母に「リビングに入らないでね」と言いに行ったようでした。……ちゃんとひとのことも考えられてるんだ。祖母が帰ってきたの、気づいてたんだ。凄いないい子だな。
祖母とともに、リビングの前から立ち去ろうとする妹。私はその姿に関心しながら、彼女から目を離しました。そしたら、バン!!!!!という音が聴こえて、1秒くらい間があって、妹の泣き声が聴こえてきました。音の正体は父がまた乱暴にリビングのドアを開けて、妹の顔に当たった時の音でした。
妹の泣き声につられるように、幼い弟も泣き出して、私もついに辛くなって泣いてしまいました。ミクちゃんたすけてと言っていた記憶があります。恥ずかしい😳
その時、私の周りにはタルパたちがいました。大丈夫だよ、きっとすぐ静かになるから、泣かないで。色んな声が聞こえました。ごめんね、すぐ泣き止むから。ごめんね……。そう思ったところで、ハッとしました。ダメだ。私が泣いてちゃダメだ。みんなに心配をかけてる。龍ちゃんがさらに怯えてしまう。妹と弟が泣いてる。私がどうにかしないと。

どうにか?
私が?

父と母、祖母の大声が聞こえて、聞こえてきた言葉があまりにも酷いものだったから、耳を塞ぎました。こんなの聞きたくない。どうしてこうなったんだろう。


なんで親の「殺してくれ」を聞かなきゃいけないんだ。

そのあとのことはよく覚えてません。泣いたり、妹や弟を安心させようとおどけてみたり、龍ちゃんに大丈夫だよって言ったりしたなってことをぼんやりと覚えているだけです。
一応両親は落ち着きを取り戻し、何やら話し合ったあとは、何も無かったかのように……まあつまりいつも通りに戻りました。



私がもし、エリザ姉ちゃんみたいに強くてしっかりしたお姉ちゃんだったら、妹と弟をこんなに泣かせないのに。
私がもしミクちゃんみたいに優しかったら龍ちゃんの怯えだってすぐ消せたのに。


これを書いていておかしいなって思うんですよ。
私、今日とてもとてもとーーーーっても青春してたんですよ。朝からもうほんと、青春。最高の1日だなって思ってたんですよ。それがどうしてこうなった。


スポンサーサイト



初めての1人(に見えるけどタルパと一緒)の旅行(とても長い)

おはこんばんにちは、小林です。今日は初めての1人で旅行に行きました!タイトルにもある通り、他の人には1人に見えるだけで、本当はタルパたちと一緒なんですけど(*´▽`*)


……実は私、バスの乗り方を知らないです。学校から出てるバスにしか乗ったことがないから。そんでもって、1人で電車に乗ったことは1回しかないです。
けど!今日は!電車や高速バスを使って会津若松に行ってきました!すごい!私すごい!







とりあえず、話は去年の終わりまで遡ります。


親戚のおじさんの家に遊びに行きました。このおじさん、たくさんいる親戚の中で私が1番尊敬している人です。趣味のために仕事をしていると昔からよく言っていて、趣味のための部屋をひとつ持っていたり、倉庫も趣味のための作業場に変えたり、趣味の幅を広げていったり………まあとにかく趣味に生きる人です。カヌーとか自分で作ったりしてるんですよ。凄いですよね。
おじさんの奥さんに淹れてもらった紅茶を飲みながら(おっしゃれ!!!!しゃれおつ!!!!てかお部屋も綺麗。なんだここ。買い取りたい)、将来についての話をしました。といっても堅苦しいことじゃなくて、お金が入ったら何をしたいか、という話です。

私「将来1人で日本全国を周りたいと思ってるんですよ!まずは北海道に行きます!」
おじさん「それは凄いわ」
奥さん「今から決めてあるんだね」
私「で、なんか凄い偉人になります!」
2人「「…………」」
私(なんで黙ってるんだろ)
おじさん「それで、今まで1人で旅行したことはあるの?」
私「えっ(無いわ……1人で遠くまで行くことが怖いから………無い………)」
おじさん「行ったことないんだね?若い頃から行っているといいんだよ」
私「でも社会人になったら!行くので!」
奥さん「でも中々行けないんじゃない?今まで行ってないんでしょ?今まで行けてないなら、これからも行けない可能性が高いよ〜」
私「ええー!?」
奥さん「とりあえず、高校生のうちに1人で旅行してみれば?じゃないと夢のままで終わりそう。小林ちゃんって後回しにすること多いから」
私(絶っっ対行ってやるからなああああ!!???私のこと馬鹿にしたなああああああ!!???今に見てろよこんちくしょーーー!!!!)


そして、昨日の午前5時頃。


中々寝付けない私。布団でゴロゴロするのにも飽きてスマホをいじりだします。
私「なんか面白いことないかなー」ポチポチ
すると目に止まったのは、大好きな絵師さんの「1人旅楽しい」というツイート。日本全国を電車やバス、自転車(!)で旅しているという話をしていて、私はただただ「凄いなぁ」と思いました。そして、思い出すおじさんと奥さんの言葉。

私(私だって1人で旅行できるし!??ってかタルパたちと私だけで旅行したいな!??よっしゃ行くわ行ってやるわよ!!!明日は旅行だーーー!!!)
ミク「………マスター、まだ眠れてないんですか?」
私(っしゃミクちゃん起きたね!?調べるぞ!!!!)
ミク「何を!!??」
私(旅行先のこと!!!!)
ミク「へっ!!????」

そして高速バスの存在を知り、そのバスで観光地 会津若松まで低料金で行けることを知り……。

会津若松なら何度か家族旅行でも行っていますし、初めての1人旅行(日帰り)に丁度いいのでは???
となって、深夜テンションのまま旅行の準備を進めました。(ちなみに、日帰りにしたのは未成年だと宿泊できる施設が限られてしまうのと、お金の問題です)

朝になって、起き出した他のタルパたちとも相談しつつ計画を立てていきます。
まず電車に乗って街の方まで行って、バスターミナルに行って、そこで高速バスの乗車券を買って………。
会津若松に着いたらまずは鶴ヶ城、次に御薬園、飯盛山………。
修学旅行の時に書いた計画書を思い出しながらメモをしていきました。そういえば、修学旅行の時、移動手段については全部友達任せだったなぁ。言われるままに電車に乗って、歩いて。友達ありがとう。今、あなたの苦労がようやく分かりました。


そして次の日。つまり今日。
早めに起きてご飯を食べて着替えました。

松田「折りたたみ傘を持って行きましょう」
私(予報では降水確率50%だから持って行かない!)
松田「50%!?なおさら持っていくべきです!」
私(荷物になるからやだ……。絶対降らないし)
松田「降ったらどうするのですか!?」
私(折りたたみ傘を置いてきたことを後悔したあと反省する!)
松田「後悔先に立たずですよ!!???とにかく持って行きなさい!」
私(荷物になる!やだ!)

会津地方は寒い上に前日に雪が降っていたので、3枚ぐらい重ね着をして、タイツの上にズボンをはくなど、とにかく寒さ対策をしました。厚手のコートを羽織って、カバンを持って、大きな声で「行ってきます!!!」と行って駅へ向かいました。

ミク「その格好、暑くないですか?」
私(めっちゃ暑い………)
ミカコ「それぐらいがちょうどいいじゃろ。あっちは寒いからな。途中で手袋を買っていけ」
私(ハッ!手袋忘れてた…!)

電車に乗って街へ。バスターミナルのバス案内所に行きました。バス案内所の場所が分からなくて、10分ぐらいうろちょろしてました……。そしたら普通に近くにありました。私のバカ!
乗車券の買い方は一応ネットで調べていたのですが、やはり不安。前に並んでいた人と受付の方のやり取りを必死に覚えました。

私「あ、会津若松行きの高速バスの乗車券をお願いします(どもった!恥ずい!)」
受付「片道ですか?」
私「はい!」
ミク「マスター、往復ですよ!」
私「(え!?あっ)すいません!やっぱり往復で!」
受付「はい分かりました〜」
私(恥ずかしい……)
ミク「マスター、あなたのことは誰も見ていませんし、気にも止めませんよ。だから大丈夫です」
私(うん……)

乗車券を受け取ったあと、バス乗り場まで行きました。結構人が多くてびっくりしました。
私は人の目を気にしすぎてしまうので、とにかくビクビクしていたのですが、ミクちゃんを初めとしたタルパたちが「誰も見てないから」「こんなに人が多いんだから、みんなすぐ忘れるよ」と言ってくれました。人によっては嫌な言葉に聞こえちゃうんだろうなぁ。でも、私にとっては凄く凄くありがたい言葉でした。
高速バスが目の前に停り、無事に乗車。自由席なので、窓側の席に座りました。おー、フカフカの椅子!凄い!
変に心配性な親に「今バスに乗りました」とLINEしたあと、タルパたちと話をしていました。あと、Twitter(笑)Twitter楽しいね。

会津若松に向かうまで、ずっと窓の外を眺めながら、最後の確認をしていました。このバスを降りたら、どこどこのバスを使って、鶴ヶ城に向かって、そこではこれやあれを見てなどなど。高速道路の途中、トンネルを抜けたら、道の端や田んぼに雪が積もっていました。トンネルを抜ける前と抜けた後では世界が違うのでは???と思うほど。

モコモコ「わ!雪だ!雪合戦したーい!」
ヴィオ「かまくら作りたいですね!」
龍一「かまくらかー。いいね。でも難しそう……」
モコモコ「えー、雪合戦はー?」
龍一「雪合戦もいいよねー」
私(かまくら作りたい)
モコモコ「小林は体力的に作れなさそうだよね」
ヴィオ「確かに」
私(私もそう思う)

何時間かバスに揺られて、ようやく会津若松に着くと、さっそく周遊バスの1日フリー乗車券を買いに行きました。これ凄いですね。めちゃくちゃお得。これを使って会津若松を周ります。めちゃくちゃ厚着をしてきたので、寒さを感じることなく周れそうです。

エリザ「さて、まずは鶴ヶ城だね」
私(雪残ってるかなー)
山田「雪は残っていなさそうですね……」

実は雪、ほとんど溶けていました。雪景色を楽しみにしていたので残念………。まあとにかく鶴ヶ城へ行きますよ!!


鶴ヶ城〜!2020年
鶴ヶ城。何度か改修や再建があったものの、会津戦争以降は廃墟となり、取り壊されたようです。今あるのは天守閣を再建(復元?)したものと塩蔵(天守閣下にある塩を保管する倉庫)と昔からある石垣、再建(復元?)された茶室ぐらい。茶室は千利休の子縁の場所らしいですが、入場券を買い忘れたため行けませんでした。無念。天守閣の中は展示室(資料館)となっており、解説を読んだり資料を見たりで、まわるのに結構時間がかかりました。白虎隊関連は特にじっくり見ましたね…。

白虎隊って?
16〜17歳の男子だけの部隊。会津戦争の時に、飯盛山にて、会津の城下町が燃えているのを見てしまう。その時の煙が鶴ヶ城(若松城)から上がっているように見えて、鶴ヶ城(若松城)が燃えていると勘違いしてしまい、敵に殺られるくらいならばと自刃してしまう


自分と同い年くらいの男子が自刃……誇りのため、忠義のために。私にはできないな。凄いなこの人たちは。

龍一「ママと同じくらいの人達ばかりだね」
私(年齢を偽って白虎隊に入った人もいるんだよ)
龍一「規定より年上だったの?」
私(いや、年下)
龍一「………」

天守閣から出たあとは城内をぐるぐるして、バスに乗って御薬園へ。夏に行ったなぁ……。虫が多くて山田さんが怒ってたっけ。今はさすがに虫はいないかな。

御薬園〜!2020年
御薬園は私たち以外誰もいませんでした。帰り際にようやく1人来たくらい。まあ冬だしね………花も草も生えてないからね。そりゃあまり来ないよなぁ。
池には鴨や鯉がいて、可愛いな可愛いなと見ていました。

私(鯉!生きてる!)
ミク「そりゃ生きてるでしょうね」
ミライ「お寿司食べたいなぁ」
私(はい次行こ次行こ)
ミライ「(*`н´*)」

お土産屋では友達への誕生日プレゼントを買いました。友達は薬草とかが好きなので、それ関連のポケットサイズの本を1冊。思ったより安くてびっくり。
御薬園から出て、バス停へ向かいました。時刻表を見間違えてしまい、30分くらいバス停で待つことになってしまいました( ̄▽ ̄;)さすがに寒さを感じた……!!

そして次はいよいよ飯盛山!ここ!ここ超行きたかった!夏来た時は人が多すぎて満足に見て回れなかったんですよ!それは鶴ヶ城も同じだけど………。

飯盛山〜!2020年

飯盛山に着く頃には、日が傾いていました。日の入りが早いなちくしょう……。

私(うわっ)
ミク「あら…まあ………」

飯盛山の麓にはたくさん店があるんですけど、そのほとんどが閉まっていました。年始だしね、寒いしね、そうだよね〜……。
ちょっとしょんぼりしながら山を登りました。もちろん、エレベーターで!!エレベーターというかベルトコンベア?とにかく楽な方を選びました!だって階段の長さがえげつなかったから!
でもこのベルトコンベア、坂に沿って作られているので、めちゃくちゃ角度が急でした。

三士郎「凄い急だなこれ」
私(ね、めっちゃ急なコンベアだね)
三士郎「気をつけて乗れよ〜」
私(うん!………おっとっと!??)
三士郎「気をつけろと言ったのに……(^ω^;)」
私(くっ……!不覚!)
ミク「ちゃんと足踏ん張ってくださいね。落ちちゃいますから」
私(うん!)

登り終えると、そこには白虎隊の人達のお墓と、城の攻防戦で命をかけてたたかった婦女子たちの慰霊碑と、イタリアから贈られたという柱(写真のやつ)とドイツの人から贈られたという石碑等がありました。お参りをしたあと、自刃した場所に行きました。そこからは会津若松が良く見えました。そして目を凝らしてみれば鶴ヶ城もギリギリ見えました。これはどれだけ目が良くても、勘違いしちゃうかもしれない。燃えたって。

エリザ「……いい景色だね」
ルコット「そうねぇ。ここから見るのは、平和な時だけで十分ね」

飯盛山を降りる途中に栄螺堂があるので、そこに向かいました。やっぱり誰もいなかったです。

栄螺堂〜!2020年
1人でいるのはちょっと不気味だなぁと思いつつ入りました。タルパがいなかったら入ってなかったわ。
写真から察せる通り中も外も木造なんですが、中の壁にたくさん落書きがされていました。「修学旅行○○年○○月○○日」とか「(人の名前)と(人の名前)♡」とか。いやぁ元気な落書きたちだこと〜(ニッコリ)

栄螺堂を出てまた下っていくと神社とこれがありました。
白虎隊が通ってきた洞窟?2020年
これは白虎隊が城へ向かう途中に通ってきたという水路……洞窟……えーと………とりあえず洞窟ってことで。雪解け水も含まれているのか、結構量がありました。水は澄んでいました。凄い冷たそう。ここを通ってきたのか……ほんと凄い人たちだなぁ。


飯盛山を周り終えると、またバスに乗って駅へ。そう、帰る時間です……。門限があるので早めに帰らなければ……。

帰りはひとつバスを乗り過ごした程度で、特に問題無く帰ることができました。帰りの高速バスでは少し寝ました。ちょっと疲れちゃったかな?

家に着くと、会津若松駅で買ったお土産を家族に渡したあと、すぐにお風呂に入ってご飯を食べてゴロゴロしました。というか今もゴロゴロしてますね!あー楽しかったー!なんというか、自分に自信が着いた気がするんですよ!私、バスに乗れた!ドヤァ!凄いでしょ!ドヤァ!って感じで!
あ、あと、次はどこに行こうかなってタルパたちと話しています。お金が貯まったら、勇気を出して近畿の方に行きたいな〜。確か時期が時期なら深夜バスを使って往復1万円程度で行けたはず。その時はまたブログに書きたいですね、長々と!



ここまで読んでくださりありがとうございました!タルパと自分だけの旅行って楽しいですね。これはやみつきになる……!!!



最後に旅行中のツイートでも……
スクショ20200106
スクショ7ー!!
スクショ2ーー!!
スクショ3ーーーー!
スクショ4ーーーーー!
スクショ5ーーー!!!!!
スクショ6ー!

明けました

あけましておめでとうございます!今年も無題の日記をよろしくお願いしますm(*_ _)m



今日は初詣に行く予定だったのですが、色々あって行けなかったので、代わりに城跡に行ってきました!地元でも知らない人の方が多いんじゃないかな?ってくらいマイナーなとこです。
行ってみると………うわぁ………舗装されてない………草と泥だらけの道を伯母の運転する車で進み、途中から関係車両以外立ち入り禁止となったので、そこからは歩いて進みました。そこら中に水溜まりとか大きな岩とか杉とかありました。
人は1人もいませんでした。元日とか関係ないよね、この人の少なさ………( ・∇・)
城に関する説明が書かれた看板が2つ、そして丸太で作られた椅子とテーブル、櫓があるだけですし、こりゃ誰も来ないわ……。地元の小学校の遠足でも来ないよ………。
でも私は寒いのもあって変なテンションで走り回っていました。誰もいないけど自然と丸太がある!あっ岩!櫓高ぇーー!!楽しいーーー!!!!

山田「お嬢様!そんなに走り回っては転んでしまいます!」
エリザ「うん、いいぞ小林ー!走れ走れー」
山田「えぇっ!?」
城跡にて走り回る


夕暮れ時だったので、高い櫓から見た空は、とても綺麗でした。上から紺色から黄色、赤色って3つの色があって、雲も光を受けて輝いていて、めちゃくちゃ綺麗(語彙力が無い!)で、なんでスマホ持って来なかったんだろーーー!!!と後悔しました。そう、スマホ持って来ませんでした。というか忘れました。ごめんねスマホちゃんんんんん。

帰る時も入口まで走って行きました。楽しぃぃぃぃ!!!

エリザ「走り切りなよー!大丈夫、転ばないよ君なら」
私(うん!)

で、無事転ぶことなく入口まで戻り、車に乗って、途中でお菓子を買って帰りました。お菓子うまー(*゚Д゚)

2020年ですね。早いなぁ。オリンピックもあるんですね。心配だなー。そして私が社会人に………不安と未来へのワクワク感が半々ってところですね。今年も頑張ろう!今年もいい年になるといいなぁ!(*′ω′)



では最後に描き初めのタルパとダイブ住人(の一部)+‪αを。
タルパとタルパーとダイブ住人

皆さんも良い1年を過ごせますように!
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる