FC2ブログ

タルパとスピーチ練習

おはこんばんにちわんだふる!小林大森です!
今度後輩に向けて就職活動に関するスピーチをすることになったので、今日はその練習をしました!ちょうど他の家族がいなかったので、大きな声出しても大丈夫!タイトルにもあるように、タルパたちに練習に付き合ってもらいました。ちなみに原稿はすでに書き上げてあります。先生からもOKをもらいました!( •̀ω•́ )

私「それじゃあいきます………ゴッホン」
エリザ「おー」
ミク「わー」

ちょっとつっかえたかなー……いやでも自分にしてはいい感じー……と思いつつ原稿を読み上げ、そして読み終わりました。

私「ど、どうだったでしょーか!!!」
ミク「凄かったですよー!お疲れ様です!」
私「ほ、ほんと!?
……えと、他は?どうだった?」
厳しいタルパたちのお言葉
私「ひえっ」
そのあと何回も何回も練習させられました。なんだろう、高校受験と就職試験の時の面接練習の時もこんなことあった気がするんだけど…あら…あららら………
私「死ぬ!これ以上練習したら最悪死ぬ!」
松田「ああ、水分が足りなくてですね。さ、こちらの飲み物を飲んでください」
私「そういうことじゃないよ!メンタル的に!メンタル的に死ぬの!滑舌の悪さは生まれつきなの!」
松田「お嬢様はゆっくり喋れば、あまり滑舌の悪さは目立ちませんよ」
私「ほんと!?ちょっと頑張ってみるね!」
松田「では次は本番に近い形式で……」

何度目かの練習中に妹が帰ってきたので、最後は妹にも練習に付き合ってもらいました。
妹「アイコンタクト」
私「はい」
何回か松田さんかエリザ姉ちゃんに言われたなそれ……。アイコンタクト難しい……(授業でやったプレゼンでアイコンタクト全然できなかったことを思い出しながら……)

練習が終わったら、入社オリエンテーションで渡された課題をやったりその課題についてきた本を読み進めたりしました。スピーチも大変だけど、こっちも大変だ:( ;´꒳`;)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる