FC2ブログ

キリよく終わらせられない私とミカコ

今日はミカコが当番の日でした(当番……とはちょっと違いますけど)。
今日は午後から母と妹と買い物に行き、そこで和風プリンアラモードを買ってもらいました。
ミカコはこれと言って好物はない…と思っていたのですが、和風プリンアラモードを目の前にしたとき、確かに「食べたいのう」という感じで私を見てきたのです。

これは買うしかない!!

お母さんに頼んで買ってもらい、帰りの車の中で食べました。ちなみにその時、ヴィオ君とミクもどこから嗅ぎつけたのかやってきて、一緒にプリンアラモードを食べました。
そのプリンアラモードがこちらです↓
201703111950479af.jpg
すみません、撮るの下手ですね(´∇`;)

クリームの下には抹茶のクリームがあって、凄く美味しかったです(*´ч ` *)

小林「ミカコは和風なものが好物なの?」
ミカコ「特に好き嫌いはないが……ふむ、確かに和風のものは好きじゃな。洋風なものもいいが、和風のものの方が早く食べ終わる気がするしの」
小林「あ、ブログのところの、あんたの紹介文変えるべきかな?」
ミカコ「うーむ、まだどちらかと言えば程度の好きだしのう……。変えなくとも良いのではないか?」
小林「そう?」
ミカコ「そう」

そして家に帰り、私達は自室に篭もりました。
絵を描いたりツィッターをしたり……。

私は床に寝っ転がり、ごろごろし、その後勢いつけて起き上がるため、わざとらしく大袈裟に足を上げました。
すると、
ミカコが上に乗ってきたの図

小林「!?

何故にそうなった!?

小林「ミカコ、お前、バランス凄いな……」(゜Д゜;)
ミカコ「ほぼ浮遊してるがの」(´<_` )

浮遊しながら、足と足をくっつけてる状態なんだそうです。

小林「マジか、浮遊か、タルパすげぇな」
ミカコ「当たり前じゃ。もっと敬え」( ・´ー・`)
小林「そして讃えるの?」
ミカコ「そこまでしなくとも良い」
小林「浮遊かー。私もしたい」
ミカコ「むりむり」(ヾノ・ω・`)

とりあえず、足からは降りて(?)もらい、その後は普通に過ごしました。

日常会話で「浮遊する」とか普通使いませんよねぇ……。
タルパーになってから、常識が覆った気分……いえ、気分どころではないんでしょうけどね。

なんか、タルパと過ごしていると、非常識が常識に、常識が非常識になっちゃいませんか?
私はそれを悪いとは思いませんし、むしろ楽しんでいますが、非タルパーの方から見たら、可笑しいんでしょうね。ちょっと悲しいです。
そもそも、「普通」ってなんなんでしょうね……。

ミカコ「何辛気臭いことを、書いておるのじゃ」
小林「あ、ごめんごめん」
ミカコ「とりあえず、なんかギャグで終わらせておけ」
小林「私、ギャグセンス皆無なんですけど…」
ミカコ「知っておるわい」
小林「じゃあ言わないで!」
ミカコ「むう」(´・ω・`)

可愛い(真顔)

少し暗いお話になってしまい、すみません。そんなつもりは無かったんですがね…。

ミカコ「早く終わらせておけ」
小林「なんか書き足りないのよね」
ミカコ「ツィッターに書いてろ」
小林「文字数……」
ミカコ「つべこべ言うな」
小林「理不尽さを感じるよ」

キリよく終われる方法、誰か知りませんか。
文才も何もないと、こうなるから困るんですよね(´・ω・`;)

ミカコ「会話録と書いてあるんじゃから、会話だけ書いておればいいじゃろうに」
小林「それだけじゃ伝わらないでしょ。それに、少しでも長くすることによって、誰かの暇つぶしになってるかもだし」
ミカコ「ないない」(ヾノ・∀・`)

不覚にも可愛いと思ってしまいました…!
タルパが愛しすぎて辛いです。

……まとまらない!キリが良くない!

しかし、これにて終わります!
以上、今日のタルパ日記でした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる